飲食店のメニューと、盛り付けの形というものは、切っても切り離せない重要な関係があるという風に言えるかもしれません。様々な料理が形の変化にまで気を遣って作られているということを知っている人は少ないかもしれませんが、とにかく、ここで重要という風に言えるのは、盛り付けの形を工夫すれば、実物以上にカスタマーの目を引くことができる可能性もある、という風に言えるかもしれません。一般的な構図としては、シンメトリーに作る方が見る人は落ち着くなどという風に言われることもあるわけですが、あえて、それを食材などを用いて少し崩していくことが、斬新なメニューの作り方であるという風に言えるかもしれません。取り分け、煮物などのようなメニューの場合には、シンメトリーにメニューを作ったり、写真をとったりすることは難しいため、それぞれの具材などを同じサイズに見えるようにうまく写真を撮ることで見る人に落ち着きを与えることができるほか、美味しそうに見せる効果もある、という風に言っていいのではないでしょうか。よく、昔ながらの飲食店などでは、全く立体感を無視したメニュー写真などが見られる場合もあるわけですが、そのお店の味を知っている人であれば、簡単に注文することができるかもしれませんがその店の味をまったく知らない人にとってみれば、味を想像することも、美味しさを想像することもできないため、やや頼みづらくなってしまうということは言えるかもしれません。そのような意味では、飲食店のメニューに載せる写真などを撮る際や、実際の盛り付けの場合にも、とにかく、立体的に見えるように写真を撮っていくということが重要だという風に言い切ってしまっていいのではないかと考えられるわけです。美術で用いられている方法と同様に、点と線と立体という三点を意識して作っていくことが何よりも重要だというふうに言えるかもしれません。