メニュー作りと共に、重要だというふうに考えられるのは、お店の雰囲気づくりであるという風に言えるのではないでしょうか。いくらメニューに工夫を凝らしたとしても、お店の雰囲気が暗かったり、不必要に音楽が大きかったりする場合には、お客さんが敬遠してしまう原因にもなりかねません。雰囲気を作っておくことは、何よりも重要であると言えますし、とりわけそのような外的環境だけではなくて、どのような接客をするのかという人と人との付き合い方も重要になってきているという風に言えるかもしれません。やや、メニュー作りからは離れるかもしれませんが、このようなポイントについても考えておくべきでしょう。メニューが期待感を生み出すことができるように、快適な環境であったりとか、接客態度でもお客の購買意欲などをあおることは出来ますし、雰囲気が良いと感じたり人の接客が良いという風に感じた場合には、リピーターとなってくれる確率も、グンと上がるということは間違いなく言えるかもしれません。そういう意味では無視できない要素の一つであるという風に言ってしまっていいかもしれませんし、そのようにすれば順調にこなせることは間違いないと言えるのではないでしょうか。具体的な例として挙げるとすれば人を感動させるような接客態度であったりメニューを作り続けることが求められているという風に言ってしまっていいと考えられるわけです。