飲食店といえばメニューブックといえるのではないでしょうか。
そして飲食店をするときにメニューを考えると思いますが、その渾身の料理をどのように売り込むかはメニューブックに頼ることになると思います。
 飲食店をやっている人たちは、どうしたら売れるメニューになるか、他店と戦えるのかと日夜考えているかと思います。
 メニューブックはお店によって趣向を凝らしているところもあれば、昔ながらのブックで工夫をしていないところもあるかと思います。
 味が美味しければお客様は付くと言えるのでしょうが、それをアピールする力がないと選んでもらえない可能性があると思います。
 メニューブックを開いたときに、今日のお勧めを載せてみたり、用紙を別にして目立たさせることもあると思います。
 また、食べ方を書いてみたり、写真を載せたりとアピールの仕方もいろいろあると思います。
 料理の名前を独特なものにしたり、味のポイントを書いてみたりもできると思います。
 お客様は気分によってお店に入り、気分によってメニューを決めると思います。
 メニューに魅力がなければ選んでもらえないと思いますが、その魅力とはどんなものかを考えなければならないと思います。
 それは格安な感じを出したいとのか、特別な材料を使っていることを売りにしているのかいろいろだと思います。
 メニューブックというのは、単なるカタログにしてはいけないといいます。
 また、ただ情報だけが入っていればいいというわけではないと思います。
 売れる、儲かるを戦略的に考えながら、店舗や料理と同じようにメニューブックも作っていかなければならないと思います。
 お客様に選んでもらえるようなメニューブック作りでお店を繁盛店にしていきたいと思います。