メニューブックやメニュー表を彩るだけでなく
インターネットの世界でもそれらの情報をみてもらいたいものですが、
グルメ情報サイトが作るホームページにとはどのようなものでしょうか。

都市部を中心とした、某大手グルメ情報サイトがいくつかあると思いますが。
基本的には、ポータルサイト(玄関口)の検索ボックスの中に、
地域やカテゴリ(イタリアンや和食などてまたは特徴(隠れ家や個室)を入れて
お目当ての店を探すのですが、このサイトに登録すると売上が上がる店が
かなりあるようです。

その理由は、単純にグルメ情報サイトを使ってお店を探す人が多いであろうことが
挙げられますが、
一般の検索エンジンでキーワードを打ち込んだ結果、
グルメ情報サイト内のホームページにダイレクトでたどり着くことが多いことも、
売上が上がる理由です。

グルメ情報サイトのページには定型のフォームがあり、
そのテンプレート(ひな型)に情報を入れてHPを作るので、
パソコンに不慣れな方でも簡単に操作できるかもしれません。

自分でホームページを作るのは今の時代でも非常に敷居が高いかもしれませんし
作った後の管理も苦手な方も多いのではないでしょうか。

地方でも同じようなサイトがそれぞれあるようです。
できるだけ、その地方での影響力のあるサイトに登録するほうがいいかもしれません。
このように、ホームページは「集客エンジン」としても
かなりの効果を発揮するのではないでしょうか。